So-net無料ブログ作成

NO.119 スピーチ。 [花と]

m_7619_2-0b46c.jpg



ただいま。。再読ちぅ~^^


本日は、お日柄もよく




『二ノ宮こと葉は、製菓会社の総務部に勤める普通のOL。
他人の結婚式に出るたびに、「人並みな幸せが、この先自分に訪れることがあるのだろうか」と、気が滅入る27歳だ。
けれど、今日は気が滅入るどころの話じゃない。
なんと、密かに片思いしていた幼なじみ・今川厚志の結婚披露宴だった。
ところが、そこですばらしいスピーチに出会い、思わず感動、涙する。
伝説のスピーチライター・久遠久美の祝辞だった。
衝撃を受けたこと葉は、久美に弟子入りすることになるが…。』


--------------------------------------------------
総理、どうかお答えください。
私たちは誰もが、平和に、健康で、文化的な生活を送る権利があります。
これは憲法第二十五条にも明記されているとおりです。
しかし、小早川首相が構造改革を進めた結果もたらされた、
いわゆる格差社会では、すべての国民が、この憲法第二十五条に書かれている
「健康で文化的な最低限度の生活」を享受できている、とは言いにくくなってしまったのではないでしょうか。
本来ならば、国は、生きにくい世の中を必死に生き抜こうとしている弱者にこそ、
生存権を保障する必要があるのではないでしょうか。
現在のセーフティーネットは、正直、穴だらけだと言わざるを得ません。
社会保障の水準は下がり、その上後期高齢者医療制度という、
高齢者には甚だなじみ難いシステムを突き付けて、
病気や生活の不安と隣り合わせに生きるお年寄りに、
あななたちは病気になりやすいのだからあななたち自身で医療費を負担しなさい、
と一方的に通達したのです。

総理、あなたは一度でも訊いたことがありますか?
あなた自身の母上に、「お母さん、こんな制度を作りました。賛成してくださいますか?」と。

後期高齢者医療制度は、お年寄りの生きる尊厳を危うくします。
高齢者が適切な医療を受けにくくするばかりか、子が親を扶養する、
という伝統的な家族のシステムまでも蹂躙することになりかねない。
それが、ほんとうに日本の姿なのですか。
親が子を大切に育て、子が親を命尽きるまで大切にしてきた、
私たち日本人のあるべき姿なのですか。

総理、思い出してください。
平和が戦争を封じこめ、強きが弱きを助ける国。
それが私たちの国、日本なのです。
--------------------------------------------------

こないにも誠実なお人が居てたらな。
ウチら国民はどんどこ行き場が無ぅなっていきよる。
近い将来が不安やとしても考えんようにしとればエエんやろか?
nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

nice! 19

コメント 3

uminooto

私も将来を考えると不安です、、
体の自由がきかないのは想像以上に辛いこと
だからそんな方々に優しい世界になってほしいです
私も長く思うように動けなかった時とても苦しかった
父と母、大切にしていきたいと思うです。^^
by uminooto (2016-10-13 23:04) 

彩風

将来を考えると不安しかないですが世の中なるようにしか
ならないと諦めです。
今は身体の衰えの不安の方が大きなってます。
弱者に優しい住みやすい世の中になってほしいですね。
by 彩風 (2016-10-14 16:45) 

Cheap cialis

沒有醫生的處方
click here cialis daily uk http://kawanboni.com/ Cialis purchasing
by Cheap cialis (2018-04-14 03:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。